-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-23 15:00 | カテゴリ:Waichi@米ミネソタ
ジャンル:海外情報 テーマ:留学
初めまして。
北海道の函館市出身のWaichiです。
地元出発は2011年1月2日、出国は翌日3日です。
先週位に思い立ったように「俺も体験記参加したい!!」ってなって、書かせてもらっている次第です。
こういうブログの編集って慣れてないんで、見苦しくてもお許しください。
専攻はグローバル・スタディズ課程の東アジア分野です。
加えて、教員養成課程も取っています。

教員養成課程に興味がある人の参考になれればいいな、と思いながら書かせていただいています。

僕が留学する先は、アメリカ合衆国、ミネソタ州のウィノナ市にあるウィノナ州立大学(WSU)です。
とりあえず、寒いところらしいです。
10日ほど前には雪が降り過ぎてドームが潰れた、なんてニュースも出てたミネソタ州です。

ここでちょっと留学先大学の説明をしたいと思います。
WSUは開校してから暫くの間、教員養成の学校として名を馳せていました。
今は総合大学ですが、とりわけ初等の教員養成において長い歴史があります。
加えて、AIUとWSUはかなり長いお付き合いの様で、お互いの交換留学生の数も多く、また先方が留学生に対して細かい支援をしてくれることもあり、結構気分的に楽だったりします。

僕は小学校1年の頃から学校の先生になりたい、という夢を持っていました。
その夢が今まで変わらずに、今AIUで教員養成課程を取っています。
AIUで僕が学んでいるのは「高等学校教諭Ⅰ種免許状(英語)」と呼ばれる、高校の英語の先生の免許を取るための課程です。ですが、小学校における「外国語活動の時間」が来年度から学習指導要領の施行で本格化するなど、英語教育が今大きな変遷を遂げている中、高校の英語教育だけではなく、違う段階での英語教育についても学びたい、と思いました。
そして、自分自身が教壇に立つ際に持っておきたい語学力も考慮したら、英語圏の大学が良いなと思ったのです。
そこで色々探してたらWSUに行きつきました。

僕は留学先で「Elementary Education and Teaching(初等教育と教授法)」を主に学んできます。
ビザの申請書類、I-20にもばっちりそう書いてあります。
僕の希望、どストライクです。

そして留学先での目標。
自己解決能力・英語力・洞察力等、色々な事が学べれば良いなと思っています。
抽象的ですね。とても。
まだ「1年間の留学」の事の大きさを把握しきれていないので、実際良く分かっていません。
でも色んな壁にぶち当たると思うんです。その壁1つ1つから学んできます。

とりあえず、到着後すぐにあるらしい英語と数学のPlacement Testと呼ばれる実力試験に緊張しつつ、新しい自分発掘して来ますね。
長々と読んでいただき、どうもありがとうございました。 Waichiでした。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/28-ec6e15b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。