-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-18 23:15 | カテゴリ:れいちぇる@キプロス
留学記をご覧のみなさん、こんにちわ
今日のお相手は皆さんお待ちかね、れいちぇるだよーっ。
ひゅっひゅー。

クリスマスですねー。12月ですねー。年末ですよー。
クリスマスはマライアキャリー派ですか?
それともジャクソン5派ですか?
あえての非クリスマスでSION派ですか?
(SIONがわからない方は…、うーん、12月っていう名曲を歌っている人です。)


わたしはサンタが街にやってるくる派です。
10歳くらいまで信じてましたけどね。サンタさん。
上にきょうだいがいるので現実を思い知らされましたけど…。

さーて今日のお題は!
タイトルにもありますとおり
留学したら人生は変わるのか
です

留学したら、というより、
海外に行ったら人生は変わるか?ということです。

答えは人それぞれ、さまざまだと思いますが、
わたしの答えは「いいえ」です。
変わりません。
経験が増えるだけで、人生が劇的に変わる、なんてことはありません。




留学する前は、ほんとに直前まで
「キプロスに行ったら、人生変わるかな」
なんて考えてました。ちょうど一年前ですか。はやいなー
留学したら、わたしを構成するものががらっと変わっちゃうんじゃないかなー。
と思って、どきどきしてました。


わたし個人の1年を振り返ってみて、人生変わったか?って聞かれたら
別に、さしてわたしの人生は変わってないです。

キプロスで過ごしてみて、
日本じゃ絶対経験できないようなこともあったし、つらいし苦しいし
もーだめだーって何回も思ったけど、最後まで生き延びないと…って思いながら
1年過ごしました。
それは、わたしの人生においてすごく貴重な経験だったし、
すごく意味のあることです。


でも、21年生きてきて、そのうちたった1年の海外生活で人生変わってしまったとしたら、それまでの20年なんだったんだ何してきたんだって思います。
いろいろ間違いも犯してきたしまーいろんなことしてきましたけど
それでも意味はあったと思うし、そこからいろいろ学んできたつもりだし。
だから、うーん、あの、むずかしいな…


わたしにとって留学は、
大変でつらくてしんどいものでめちゃくちゃいい経験だったけど、
人生を変えるようなものではなかったです。

いや「留学」がたいしたことない、ってことではなくて、
人生が変わるような大事件ではなかったってことです。
ひとつの通過点というか。

留学の位置づけはひとりひとり違うものだし、
何を経験するかで、留学から学ぶものなどは全然違うと思います。

「人生が変わる経験を留学中にしなかったなんてかわいそうなやつだ」
と思われるかもしれません。
でも、わたしの留学の目標は
「人生が変わる経験をすること」
ではなく
「とにかく苦しいこと、つらいことを経験すること」
だったので、わたしの留学はこれでいいんだと思います。

もっと言うと
「生きて帰れたらもうけー」
くらいにしか考えてませんでした。笑
だってよく知らんとこ行くし、怖かったし。笑





いよいよあと1週間ほどでキプロスから去るわけですが。
いまだに実感がなくて、変な感じです。
去年の今時分はAIUで先輩や後輩、お友達とのお別れに涙していたのがすごーく昔に感じられるし、
もう1年かーと、ほんとに早く感じます。一瞬やったなーと。

年を取るごとに時がたつのが早く感じるといいますが、
6歳にとっての1年と、60歳にとっての1年じゃ
人生の6分の1か60分の1かでだいぶ違いますからねー。
そら早くも感じますよ。

聞く話によると、20歳までの人生と20歳から死ぬまでの時間は
ほぼ同じ速さで過ぎるように感じるらしいです。
ゾッとします。

何をしなかったか、で後悔しないように
みなさんやれることは早いうちにやりましょうね。
宿題とかね。もう嫌です。授業終わったのに。試験も終わったのに。
ちきしょう。


どっかのほうきに乗った女の子が魔法の国からやってきてやんばらやんやんやーんとか言いながら夢と笑いを振りまくついでにわたしの課題もどっかやってくんないかなぁ…


にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/225-e82f5348
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。