-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-17 22:11 | カテゴリ:りょう@ロシア
先日、十数時間かけてポーランドまで旅行に行ってきました!!
目的はずばり、アウシュビッツに行くため。

でも、実はなかなか険しい道のりだったのです。





先日ロシア語学校で日本文化を発表する催しがあり、
日本人総出で発表してきました!


の、二本立て(´∀`)

まず、ポーランドから。

アウシュビッツには高校生くらいの時から漠然と行ってみたいなーとは思ってたんです。んで、留学がロシアって決まった瞬間、絶対留学中に行ってやろうと思ってました。
んでも、こっちにきて夏休みがまったく無いってことが判明し、諦めてたんです。

んでも夏に日本語能力試験の受付のバイトや、食品見本市で県の出展のお手伝いなどでちょこちょことお小遣いを手に入れ、
「これ、何に使おう。」
って思った時、真っ先に旅行に行こうと思いました。
んで、モスクワももう行ったしペテルブルグかなーと考えてる時、ふと、
「あ、ポーランド行こ(´∀`)」
ってな感じで、ほぼノリで決めました。
僕の人生ノリで成り立ってます。はい。

んなわけで、出発前からこちらの大学で手続きがうまくいかず、危うく旅行行けねぇ!なんて事になるところでしたが(出なくても行く勢いでしたが)無事モスクワ、ワルシャワ経由で、アウシュビッツの近くのクラコウという街まで到着!!
・・・のはずが、第一関門。

ワルシャワ、天候不良で着陸できず(´・д・`)

ベルリンまで行っちゃいましたー!
これでドイツも行ったって言える^^
って行っても、ターミナルには入れてもらえず、空港の端っこの駐機場で2時間くらい機内待機・・・。あ、この飛行機には日本人ツアー客が乗ってて、なんと俺の隣に座ってたのは秋田出身の夫婦の方でした!!
それは置いといて、とりあえずウラジオストクからモスクワまで9時間。2時間モスクワで待機。からの、ワルシャワまで2時間半。だけどベルリンまで行って2時間待機。この時点で僕の身体は限界に。既にウラジオストク時間で朝の5時くらい。目充血してて頬はこけてました。笑

しかし天候が回復した!との事で、無事ワルシャワ到着!!
ワルシャワで一泊して翌日クラコウへ!

クラコウは本当に素敵な街でした。
きれいだし、人は優しいし、比較的治安も良かったし!夜にライトアップされた中央広場でピアノの演奏などもあり、もうこれは本当に来て良かったな、と。

アウシュビッツにも、ビルケナウにも1日かけて行ってきました。
知ってるつもりでしたが知らないことばかりでした。
収容されたのはユダヤ人だけでなく、ソ連兵やポーランド人もいたのだそうで。ユダヤ人にいたっては本当にヨーロッパ全土から集められたらしく、想像を超えていました。また、ガス室に送られた方々の髪がこれでもか!と展示されてるというのは有名な話ですが、それだけでなく、靴やかばん、生活用品など、全てがガラス張りで山ほど積み重ねられて展示されていたのにはもう言葉を失いました。
また、ビルケナウでは、アウシュビッツのように展示や資料はありませんでしたが、広さ、バラックの多さに唖然としました。戦時中、ドイツにはこんなに国力があったのか?!なんて感じてしまうくらいの規模でした。

社会の教科書で初めて見たアウシュビッツ・ビルケナウですが...
”悲しい”という気持ちは意外とそこまで強くなく、むしろ、「自分だったらどうしてるかな。」と、考えてました。
この収容所で働いていた全ての人が本当に、心からユダヤ人をこの世から消してしまおうなんて思ってたのか。中にはこんな仕事やりたくないけど、軍の方針だから...と仕方なく、命令に従った人もいるんじゃないか。自分がその立場だったら、どうしてるだろう。こんなことばかり考えてました。答えは出ないし、出せませんが・・・。

ベタですが・・・こんな歴史は繰り返してはいけない。それのみです。

シンドラーの博物館や旧市街観光等全てをこなして短いポーランド旅行も終了し、いざロシアに帰国!

・・・(´Д⊂ヽ

クラコウを朝発ってワルシャワへ。その日のうちにモスクワ行きに乗り継いで、すぐウラジオストクまで戻る予定でした。ちなみに、ワルシャワ-クラコウ間はポーランド航空、ワルシャワ-ウラジオストク間はアエロフロートで予約を取ってました。

出発当日・・・霧(´・д・`)
飛行機も届かず結局3時間近く待ち、ワルシャワへ。
や、でも、天候不良なんだから、明日の便に変えてくれるだろうなぁ^^
なんてのんきに考えて、飛行機内寝てました。笑
ワルシャワに到着した頃には、モスクワ行きは1時間以上前に既に出発済み状態。

んで、ワルシャワついてアエロフロートのオフィスに行ったら、おにいさん:
「ポーランド航空の遅延は僕らの責任じゃありません。航空券、無効です。新しいの買ってください。」←棒読み

え、マジで?...

え、じゃあ、明日、すぐ帰りたいんですけど、いくらですかね...??
「んー高いのしかないです。本当に、高いですねぇ。」←棒読み

え、いくらですか?
「24,000ズロチです。」←棒読み

えっとー...それ、円でいくらですかね?
「55万円ですね。」←棒読み

え、なんて?


それ、もっと安くなるでしょ?!第一俺言っちゃえば被害者ですよ?
55万って...学生がそんなん払えると思ってんの?!


え、だってそんなん&#;$※d;kfd・・・
え、そんなんsdkl&#fjs;$※d;lkf・・・

と、日本語と英語とロシア語ごちゃ混ぜで話し出し、しまいには意味のわからないことを言い出す涙目のアジア人@ポーランド。

5分くらい言葉を失い、やっと、
「あの...一番安いのイツデスカ...ネ」
と聞くと、2日後の便で、それでも7万円・・・。
でも55万に比べるとなんかすごい安く感じて・・・
てか帰らんとならんし・・・
っていうんで、
「・・・カードで」
とか言って、買うことに。

でもなぜかカードが使えない!!!

でも金がないと買えない!帰れない!

髪も服も乱してATMに走り、10万下ろす涙目アジア人。

無事お金も払い、無愛想なおにいさんにジンクイェってなぜかポーランド語でThank you言って空港ターミナルにたたずんだ時、本当に完全に放心状態でした。
ワルシャワ、何も知らんし。宿、取ってないし。ポーランド語、もちろん知らんし。金、いくら残ってるかわらんし。中心街までどういくのかも分からず。

でも!せっかくの機会、泣いて終わったらもったいなすぎる!それこそ負け犬!って訳で、とりあえず地図もらって、バス乗り場教えてもらって、中心地まで行くことに!
なんかオシャレな通りで雰囲気でバス降りて、地図見ながらホステル探し。行けども行けども満室が続き、3時間くらい市内さまよってよやっと見つけたホステル!のおにーさん達が温かくて、目が潤んだ。のは内緒。笑

とりあえず丸々1日時間があったので、ソ連がポーランドのために建設したらしいポーランド一高い(高さが)博物館旧市街(戦争で全部壊されたが戦後ヒビの位置まで精密に再建したらしい)、ショパン博物館等々色々観光しちゃいました^^(この頃にはむしろ観光できてラッキーとか思ってたのも内緒)

そんなわけで色々ありましたが、結果いろんな意味で忘れられない旅行になりました(´∀`)



次。
長いね。
手短に行きます。←

15日に文化クラブって言う、日本の最近の文化を発表する機会がありまして!
AKBを踊り!
トトロをロシア語でやり!
そして文化とはちょっと違いますが、3・11の地震についても発表することになりました。

俺はAKB!!なんて展開ではありません。笑
地震についての発表に参加しました!
以前ブログでも紹介したセリゲルでの国際フォーラムでも地震を扱ったので、是非地震についてまた伝えたかったんです!

ロシアをはじめ中国、韓国は迅速に様々な支援をして下さいました!
ロシア語学校には中国人や韓国人の学生が多いので、”ありがとう”をテーマにプレゼンすることに。
一番の壁はやはり、ロシア語。
ロシアに来て2度目のプレゼン。最初のプレゼンは4月に行われた日本の宇宙飛行士についてで(ガガーリンの記念式典で)、それから既に7ヶ月・・・どれだけ成長したか知れるいい機会でもありました。

スライドも、ロシア語があまりできない学生にも理解できるように分かりやすく。初めてプレゼンにおいてのスライドの意味を知れた気がします!そして、自分達で自作のムービーも作ることに。
4人で作業していたのですが、毎日先輩の部屋に朝から晩まで入り浸り(笑)、買い物にも一緒に行き、ご飯も一緒に食べ、直前まで必死に準備しました!
ムービー載せたいくらいですが、その時の写真を一枚だけ^^

プレゼン


んなわけでこちらも大成功!
AKBも大盛り上がりで、トトロは和むし。
地震は悲しいテーマですが、皆に事実と感謝の気持ちも伝えられました!



んなわけで残るはロシア語能力試験。
2ヶ月前から準備してたくせに、受付するの忘れてました。←昨日発覚
再来週になりそうです!



では長くなりましたが、次はテスト後にでも^^
落ちた報告にならないよう頑張ります^^笑


したっけ~Пока!!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/215-0afb59b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。