-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-14 22:49 | カテゴリ:りょう@ロシア
こんばんは!
ロシアは最近急に気温が低くなってきました!
来週には雪が降るとかなんとか・・・
でも地元の北海道では既にもう雪が降ったみたいですね~
もうそんな季節ですか。

そんなことを聞いた僕は今日、一足先にお土産買出し第一弾に行ってきました!
んで、夏服とか夏靴も一緒に日本に送ってしまおうと考えたのです!

今日は、そんな話。

授業が終わり、お土産と一緒に送ろうと思っていた
夏服や本、ランニングシューズなどをリュックに詰め込み
いざ出発!!


ロシアといえばやっぱりマトリョーシュカ!!
あれは、深いです、本当に。笑
ロシア語学科で一緒にウラジオストクに留学してる友達は
自分で
「私、マトリョーシュカを見る目はかなり肥えてるから」
なんて言ってしまうほどの通。・・・らしい。笑

マトリョーシュカ、もちろん一つ一つ表情が違うんです。
もちろん、顔も、服も、柄も、同じものは無いのです!

んで、マトリョーシュカは、開けたらまた中にマトリョーシュカ。
そしてまたその中にもマトリョーシュカ。
そしてそのまた中にもマトリョ。←打つの疲れた。笑
ただの置物ではなく、中に何個もまた入ってるというのも
誰でも知っている、事実。ですね!

でも、同じ一つのマトリョーシュカでも、小さくなっていくにつれて
また顔、柄等々違ってくるのです!

値段の張るものは小さくなっても、装飾がとてもきれいで、
なんか意味も無く最後の一つまであけてしまいます。
買っても無いのに。笑

逆に、すごく安いものだと、もともと顔がお粗末な上に、
3回くらいあけていくと、もはや顔が[-_-]←こんなん。
これなら俺でも書けるわ!なんて突っ込んでみたり。

そんなわけで、マトリョーシュカを選ぶ時は外側の一番大きいの
だけでなく、そういう一番最後の1つまで吟味しなければ
ならないこともあってすごい時間がかかるのです!!!

そして、その通な友達が教えてくれたのにこんな話があります。

一番最後に入っている、一番小さいマトリョーシュカに
願いを込めて 息を吹き込み 閉じていくと、、、
願いがかなうらしい…!!

というもの!
こうなれば最後の一つまでべっぴんさんなマトリョ買わないと
いけない気がして、店のマトリョーシュカひたすらパカパカ
開けていってました!!!笑

また、その時店でちょうど在庫処分セールをやっていて
USSRのシンボル入りの冬の帽子、買ってしまいました!
300円也~。安い!明日から早速かぶろう。←

そんなこんなでマトリョーシュカをはじめ、マトリョーシュカの
ストラップやマトリョーシュカのマグネット、、、マトリョーシュカ
だけではなく、その他もろもろも買い込みました!

値段はあまりよく見ないようにして、カードで決済^^笑


そして、あまり知られていないと思うのですが、
ロシアでは紅茶を飲む習慣が^^
昔はよくジャムを舐めつつ、飲んでいたそうです。
紅茶にそのまま入れてしまったりもしてたらしい。

また、ロシア人の友達に教えてもらったのですが、
昔は紅茶をティーカップの受け皿にこぼして、
それを飲むという伝統があったそうです!
なーぜー

そんなこんなで紅茶も大人買いし、
両手背中に荷物をいっぱい持って、今度は郵便局へ。


ロシアから荷物を送る際は、自分で梱包してはいけません。
郵便局で全部袋、箱から出して、カウンターに出すのです。
すると重さを量ったり計算したりしつつ、
局員の方が梱包してくださいます^^

なんていうと、すごい聞こえがいいですが、
そんなうまくいくわけがありません。らしーあ。

まず、郵便局1件目。
営業時間20時まで!日本より長くて便利~!
ゆっくり買い物してたので、郵便局についた時はもう18時。
でも2時間もあるし、余裕じゃん!なんて言って。
よやっと終わったー!重かったー!なんて言いつつ、
カウンターで荷物を送りたい旨を伝えると・・・

(え、荷物今日送れるー?)
(えー。)←局員同士の会話

「無理。明日、朝は9時からね。」

って、えー、20時までじゃないんかい!

んでも、実は事前に友達とこの展開予想してました。笑
なので、駅前の中央郵便局まで行くとやってくれる
なんて話を小耳に挟み、またバス乗り継いで行く事に。


2件目
ここは中央ということもあり、22時まで!

俺「あのー、荷物日本まで送りたいんですけどー」
局員「おそ。なんでこんなに遅いかなぁ~~~」

とても嫌味ったらしい口調で言われ、
友達とぶち切れました。笑
なんで、すかさず俺もその口調で

俺「だってぇ、10時まで開いてるんですよねぇ???」

と言ったら、なんと、

局員「あら、私に10時まで梱包しろっていうのぉ?」

って!!!くそ!
か、勝てん!!笑

鼻で笑われ、局員同士でなんかおしゃべり。
その間5分くらい存在無視ですよ!

んで、遅くに来たことをねちねち言われ、
もう疲れ果ててたこともあり

「やってくれんの?!無理なの?!どっち!!」

と聞くと、あっさり

「いいわよ。」

って。
じゃあ最初からやれよって話ですよ。笑

先ほど書いたように、服、靴、お土産を全部
袋から出していきました。

すると、また

局員「ハァ、これ、全部、日本に売ってないわけ?」

って・・・!

い い か ら だ ま っ て や れ!

・・・とはさすがに言いませんでしたが。

文句言いつつ丁寧にやってくれるのが
ロシア人をなんか憎めないとこなんですよね。

んで、梱包も終わり、伝票をもって別のカウンターへ。

その伝票を見ると、6,240という数字が・・・。
6,240ルーブルって、日本円にして約15000円。
高い、高すぎる・・・。
その伝票を受け取ってから別のカウンターに行くまでの
10分ほどで、最近服を2万円分くらい買ったことを
ずっと後悔してうなだれていたのでした。笑

そして、カウンターについて、なんか局員さんが
料金を計算し始めてるのを見て、
その6,240というのは、金額ではなくて、荷物の
重さだということが判明し!!!
実際請求された金額は、1,275.80ルーブル!
たった3000円でした!よかったー!
もともと船便で出したのに、そんなにかかる訳ねーだろ!
とか自分に突っ込み、でも、本当に良かった。笑

でもその局員ももうやる気が無かったみたいで、
手紙を出しに来たお客さんに

「今日もう無理。」

と言い放ち、客はというとカウンターを叩き、舌打ち。
それでもそれにも動じず”べーっ!”と舌を出す局員。

でもその時には僕らも機嫌が直っていて
それすらも一緒に笑ってしまう始末。

金曜の夜だし、しょうがないか。
遅くに持ってきてごめんよ。

なんて一瞬でも思ってしまった自分。
留学ってこういうところがおもしろいですよね!

それにしてもなんなんだ、この国は、いったい。笑


そんなこんなで無事お土産も買え、荷物も送れ、
今日のミッション色々あったけど全部達成しました!

いつも通りアクシデントはありましたが、これは
むしろもうアクシデントではなく、日常

日本の感覚で言ってるからアクシデントなだけで
ロシアでは普通だよなぁ~と。
実際一件目の郵便局はもう無理かもって
予想してたくらいなので、そこんとこ、僕も少しは
ロシアに適応していたんだなぁ~と思いました!


またなんか面白いことあったら更新します!
では、次の更新まで~!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/203-cece0ddd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。