-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-13 23:38 | カテゴリ:しいばっち@スイス
来週から授業が始まるしいばっち@スイスです!


新学期が始まるその前に
うちの夏休みを少し振り返ります★


人生で1番長かった3ヶ月の夏休み

何をしようかと考えて出た答えが

「ボランティアに行こう!」

ってことで、7月下旬から2週間
アイスランドにいました!!


「え?アイスランドってどこ?」って思った人!

ここです^^

iceland_map_convert_20110913224720.jpg



イギリスのもーっと上にある島国です。

今ではめっきりヨーロッパ諸国を困らせた火山で有名ですが
自然のきれいな素敵な国です!!

これから行く機会がある方。
120%楽しめると思います!

そのくらい好きな国です★



ボランティアのキャンプ場所は
アイスランドの北!
Rauferhofnという小さな町。


人口250人と少なく、漁業が盛んな村でした♪


参加したボランティアは10カ国から21人!

学生が多いのかと思いきや
年齢層は18歳から50代まで


学生も、教師も、裁判所で働いてる子も
結婚1ヶ月前の子も、ボランティア参加6年目の人も。
本当に様々でした★

でも、何が共通してるって
みんな人生を思いっきり楽しんでて
キラキラしてたってことです!!

このメンバーに逢えただけでも
自分の宝物ですっ^^



そんな素敵なメンバーと始まったボランティア!

行ってまずびっくりしたのが
アイスランドの夏は夜が2~3時間しかないってこと!

12時くらいにやっと真っ暗になったかな~と思ったら
2時にはぼんやり明るくなりだします。

「あれ?今何時?」
ってことしょっちゅうありました。笑



キャンプ中のお仕事は
・地域の人のお手伝い
・リサイクルできるものを拾ってきて楽器を作って演奏
・アクセサリーやルーンストーンの製作
などでした。


上の2つは地域活性化につながり
作ったアクセサリーなどは売られて
その売上金がコロンビアに寄付されるようになっていました。


作ったアクセサリーはこんな感じ♪

IMG_5006_convert_20110913225424.jpg


地域の人のお手伝いでは
築100年以上の大きな家を再び住めるようにするのが仕事。

屋根は剥がれてるし、中は泥や瓦礫などで
とても住める状態ではなかった家。


50年前は
漁師さんたちが釣ってきた魚を仕分けする女性たちが
100人くらいそこに住んでたらしく・・

掃除中に、いつのかわからない
ブーツジャケットブラジャーなんかも出てきました。笑


屋根がなかったため、長年雨のかぶった部屋は
かび臭かったり、水漏れしてたり。

もちろん仕事は体力仕事


でもとても住めないような家が
どんどん綺麗になっていくのは
すごく達成感がありました!^^

仕事が終われば、
現地の人とご飯を食べたり、しゃべったり、歌ったり♪

とっても素敵な時間を過ごせました^^



でもこのボランティアでの
自分の一番の思い出は
同じ参加者のもう一人の日本人の子との出逢いでした★


ボランティア中は毎日が自炊!

ペアになって20人分の1日の食事を作る当番制でした!

うちはもう一人の日本人とペアになって
アイスランドで日本食にチャレンジ

お昼は
カレー
卵とひき肉とマッシュルームの甘辛炒め


そして、夜は
みんながお寿司がいい!
っていうからお寿司に挑戦!

さすが、漁業の盛んな村!
小さなお店になんと、のりが売ってました!!

でも、あるのは具になりそうな野菜たちと
あとパサパサしたタイ米


これで、どうやって寿司作ろう・・


考えた末、手巻き寿司ならパサパサでも
なんとか巻けるだろうってことで
手巻き寿司にしました!


それでも、何かが足りない。。


そう!魚!


せっかく漁業が盛んなんだから魚を買いに行こう!ってことで
港に行ったわたしたち。

揚がったばかりの魚を仕分けする漁師さんに

「魚売ってくれませんか?」

と聞くと

「あんたたち先週来たボランティアでしょ!
お金なんかいらないよ!持ってきな!」

って揚がったばかりの魚を4匹もくれました!!

しかも50cmくらいある超でかいの!


アイスランド人は本当に優しくて感動しました(´;ω;`)



でも、戦いはこれから!!

うちら魚をさばかなきゃいけないこと忘れてて。笑

しかも、お互い未経験者


とうぜん、シャープな包丁があるはずもなく
結果、作業用のをきれいに洗って使うことに。笑


友達の少しあった知識で、試行錯誤。


けど、魚は思ったより大きくって
内臓はベロ~ンって出てくるし
頭は切り落とさなきゃいけないし
最初は本当に半泣き。笑

うん。こんな感じ。笑
(お食事中の方、ごめんなさい(:_;))

IMG_4828_convert_20110913230832.jpg


でも、1匹終われば
「これ大腸ちゃう~?」
なんて言いながらさくさくっとさばいてました。笑

約1時間半闘って、ボールいっぱいの魚の身が取れました★


産まれて初めて自分で巨大な魚をさばいてみて、
命をいただくって感謝しなきゃいけないなあっと心から思いました。


残念ながら、害虫がいるかもしれないってことで
刺身では食べられませんでしたが
茹でた魚も新鮮だからとってもおいしかったです♪


ほかの子たちも
何でも好きなものをいれていいっていうのと
自分で作って食べるっていうのに
すごく楽しんでくれて
手巻き寿司は大好評でした^^



ご飯の後は、
日本紹介の時間をとってもらい

おはしを1人1人にプレゼントし
折り紙のツルに漢字で名前を書いてあげ、それもプレゼントしました★


あとは、日本のクイズなんかもしたりして
正解者に日本から持ってきた
うちわ日本手ぬぐいけん玉をあげたりしました^^



そして最後に
もう一人の日本人の子が
地震のこと話したいって言ってくれたので

日本語で用意してきたスピーチを
前日、私のつたない英語で訳し;;
みんなの前でスピーチしてくれました。


地震から半年。


ヨーロッパでは
ほとんどニュースでも聞かなくなって
少しずつ忘れかけられている気がします。


その子のスピーチでは、
当時の状況、そして現状は
自分の想像をはるかに越えていて
驚きとショックでいっぱいでした。

正直何も知らなかったことに気付かされました。



一生懸命聞いてくれている仲間には
涙を流して聞いてくれている子も。


日本人の子も当時のことを思い出し
涙を流しながら一生懸命最後まで話してくれました。


スピーチの後
仲間みんなが日本を思ってハグしてくれ
キャンプリーダーはこんなことを言ってくれました。


「こうして大変な思いをしている人たちがいる時は、
自分たちは笑っていなきゃいけないよ。
日本は十分強い。
必ず立ち直る時が来るから、わたしたちが悲しんでたらいけないよ。
大事なことは、わたしたちが笑っていること」


災害から半年。


アイスランドに来て
その日本人の子に出会えて
本当によかったです。


もちろん、その地震のスピーチだけでなく
日本紹介を一緒に出来たこと、
このボランティアを一緒に出来たことが
大切な思い出です♪


外国に来て
海外の人たちとの出逢いもかけがえのないものだけど
そこで出逢う日本人も自分にとっては同じくらいかけがえのないものです★


って言ってるわたしも、昔は
外国に来てまで日本人と絡みたくない!!
なんて考えていました(´ω`)

ちっぽけだなあ。っと気付かされた今日この頃です。笑

最後にアイスランドの写真を載せて終わります^^

読んでもらってありがとうございました♡




滝!

IMG_4568_convert_20110913231314.jpg


氷河!
IMG_4584_convert_20110913231407.jpg


クレーター!
IMG_4904_convert_20110913231848.jpg


夕日もとってもきれいでした!
ちなみにこれ22:30くらいです^^
IMG_4975_convert_20110913234911.jpg


ブルーラグーン!青い温泉です★(天然)
IMG_4939_convert_20110913232002.jpg


ヨーロッパ最大の滝!!!
IMG_5087_convert_20110913232322.jpg


最後にぽちっと忘れないでね(。・ω・)ノ゙
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/183-763b13c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。