-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-13 22:26 | カテゴリ:きよ@米ヴァージニア
ジャンル:海外情報 テーマ:アメリカ留学
はじめまして。
AIU6期生、グローバル・ビジネス課程のきよです。
大阪出身です。

僕は2011年1月から、
アメリカ、ヴァージニア州にある
The College of William and Mary (ウィリアム・アンド・メアリー大学、W&M)
に留学いたします。

今回は初めての記事ということで、
僕の自己紹介や、なぜアメリカ、なぜW&Mに留学することにしたのか、などを
お伝えしたいと思います!!

続きが気になるかたは⇒をクリック!!

最初に大阪出身と書きましたが、実は僕の生まれは鹿児島県。
生後6ヶ月くらいのときにわけもわからず大阪に引越し、
生後18年くらいのときにわけもわからずついに秋田まで北上してしまいました!


そんなわけで、人生の大半は大阪で過ごしたわけなので、いつも「大阪出身です」と名乗ってるわけですが、
ほんと、周りの人に申し訳ないくらい、面白いこと言えません!(笑)

なので、今後の僕の記事でも、面白さは期待しないでください(笑)。

さて、そんなわけで、僕の留学先の紹介に移りたいと思います!

僕の留学する大学は、

The College of William and Mary (ウィリアム・アンド・メアリー大学、W&M)

CollegeofWilliam_Mary.jpg


アメリカ東海岸、ヴァージニア州のウィリアムズバーグという町にあるこの公立大学は、
アメリカ合衆国で、ハーバード大学に次いで2番目に古い、とてつもなく歴史のある大学です。

トーマス・ジェファーソンなど、何人ものアメリカ大統領がこの大学出身であり、
アメリカの大学の中でも入学がとても難しいことで知られる、名門校だそうです。


なぜW&Mを選んだのか。

まず第一に、やはり英語圏に行きたかった、というのがあります。
実は僕、いまいち英語が話せません。
いや、文法だったり、作文だったり、筆記試験はうまくいくんです。
が、話すとなると、なぜか上手くいかない。
あの、英語特有のノリというか、あれにうまくついていけないんですね。

AIUに入学当初は、シンガポールのような国に行って英語と中国語の2つをマスターしてやる!
なんて考えてたんですが、そんな簡単に中国語をマスターできるとは思えなかったし、
両方中途半端になるのが一番嫌だったので、
やっぱり英語圏(特にアメリカに興味がありました)に行って、とにかく英語を完璧にしよう!と考えました。
それに、中国語は別にアメリカでも勉強できるのですから。

というわけで、英語圏です。


そして第二に、なるべく小規模な大学(何万人も学生がいるマンモス校ではなく)で
少人数制の授業で、また教育面に力を入れている大学がいいと思いました。

やはり、少人数制の授業のほうが学びの機会は多いと思いますし、
小規模な大学のほうが事務局などの対応も学生一人一人に行き渡っていることが多いと思います。


そして、最後に、この理由がなんだかんだ一番大きかったのかもしれませんが、
直感というか、目の前に飛び込んできたチャンスを逃すわけにはいかない、と感じたのです。

というのは今年の1月頃に、AIUでビジネスを教えているL教授が授業中に自慢げにW&Mの帽子を見せながら
「つい最近私が直接アメリカに行って提携を結んだW&Mって大学だ。すごいレベル高いとこなんだぞ」
とおっしゃいまして、なぜかわかりませんがそこでビビっときたんですね。

で、極めつけに、
AIUからW&Mに行くためのTOEFL(英語の試験)の必要点数が
留学申請の直前に、下げられたんですね。当初は「TOEFL足りないから無理だわ・・・」と思ってたのが
直前にOKになったわけで、

ばかげてると思われるかもしれませんが、
まるで神様が僕にW&Mに行け、と言っているような気がしてしまったんですね。

というわけで、無事留学許可は下り、AIUからW&Mへの
初めての交換留学生として留学することになりました。


正直、留学の許可が下りた後になってからは、
例のL教授だったり色んな先生から「あそこはほんとに難しい大学だ」
みたいなことを言われるせいで、楽しみというより不安のほうが大きくなっています。。。

が、僕はこの留学を機に、自分自身をいろんな意味で違う人間にしたいと思っています。
例えば、いままで僕は、何か行動を起こす前にじっくり考えすぎて、チャンスを逃してしまう、
そういう人間だった、というかまだそうなのですが

この機会にもっと行動力のある人間になりたいと思っています。

そして、アメリカのトップスクールでどれだけ打ちのめされてどれだけ強くなって帰ってこれるか。

いまから楽しみであり、W&Mがその目標のために最高の舞台であると信じています!!


では、今後の記事にもご期待ください!

長々と書きました!きよでした。


↓ランキング参加中です!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/18-6eb748b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。