-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-06 11:44 | カテゴリ:れいちぇる@キプロス
いよいよ夏も終わって
2011年も残すところあと4か月となりました!

みなさまいかがお過ごしでしょうか、れいちぇるです。

最低でも2か月に一回は更新しようね、という
みんなで決めた約束事をガン無視しての登場です。
あっごめんなさい石は投げないでぇー生卵もやめてぇー

そんな茶番はもういいですか。
今回はですね、
キプロスへの2度目の旅立ちを前にしての決意表明といいますか、
心のありかたというか、なんてゆうんだ、きもちをね、
ちょっと書いていこうかしらと。


日本に帰ってきたときはまだ水面が見えるくらい小さかった稲の苗が
もう稲刈りの時期かと思うと、時の流れの速さを感じずにはいられません。


まあそんななんか情緒あふれる話はいいんですよ。
べつに求められてないだろうし。笑


今年の1月に日本を離れる際、
わたしはすごく不安でした。

自分が決めて選んだ道とはいえ、
予備知識もほとんどない、なんかよくわからん国に
たった一人で行って生活を営んで
ほんでしっかり授業も受けてこいよ、と言われ、
正直そんな大変なことやりたくない、
留学はずっと憧れていたけど、こんなサバイバルな留学を望んでいたんじゃない、
っていう感じで、自分が一生懸命考えて選んだ道を
自ら否定するようなきもちでいっぱいでした。

まあ、否定というか、
単純に
未知の世界へ飛び込むのにひとりじゃやだやだ怖い怖いおかーさーん
ってごちゃごちゃわがまま言ってる小学生みたいなきもちだったんですね。



そして、半年以上が経って、
また日本から出発するときが近づいてきました。

キプロスで様々なことを経験して、
もう一度旅立つとき、わたしはきっと自信を持って出発できるのです


とかいうかんじだったらそれなりにかっこもついたんでしょうが、
残念ながら今回も前回と同じようなきもちでいっぱいです。

生まれて初めてのことをたくさん経験して、
わたしひとりが家族と離れている間に日本でさまざまなことが起こり、
不安も苦しいことも悲しいこともつらいことも経験しました。
まあもちろん楽しいこと、うれしいこともありましたけどね。

それらを経験すると、
大切なものが以前の私よりも増えていて、
愛している人、ものに対して、もっともっといとおしくなったというか、
なにがなんでも大切にしたい、幸せでいてほしい、笑っていてほしい、
というきもちが強くなりました。

だからこそ、
日本を離れるのがつらいです。

大切だから近くに置いておきたい、
幸せでいてほしいからそばにいて、
幸せな様子を見ていたい、
それと同時にわたしのことも大切にしてほしいし、
一緒に幸せになれたらなあと思います。



でも、それはそれで違うよなあとも思うのです。
長い間夢見ていた留学、志してきたものを叶えるためには、
やっぱりいくらかの犠牲はかならずある気がするのです。

それが、わたしにとっての家族や友達、
いままでふれあってきたすべての人たちなんじゃないかなあと。




いまでも、キプロスに行くのはとても怖いです。
見知らぬ国ではなくなったし、お友達も少ないですがいる国です。
でも、やっぱりまだ不安ばかりで、とても怖いです。
不安というか、すごくさびしいのです。
とてもだいすきな人たちに囲まれて過ごすことが
どれほど幸せかわかった今、
一緒にいるだけで幸せにしてくれる人たちと離れるのはすごくさびしいです。

まあでも
会えない時間が愛育てるとか言いますしね。笑
次に会うときにはきっと愛がものすごく育ってるんでしょう。
ほんとかよー。






もう少しだけしか残っていない留学期間なので、
まだまだやることやってがんばらんとなーと思います。
自分が決めて進んできた道を否定したくはないからです。
過去の自分がこれでいいと思って選んだ道なら、
何が何でもすばらしい結果にしたいのです。

だってわたし自分大好きですし。笑

なんかむずかしーな。
とにかく一生懸命がんばるということです。
がんばる具合は適当に、です。
がんばりすぎてつぶれたら元も子もないのでね。



くじけようがさみしかろうがつらかろうが
別に乗り越えるつもりはないです。
むしろそういう、誰にでもあるきもちを持ちながら生きていくことのほうが
わたしは大切なんじゃないかなと思います
のりこえて行ったら、そのさびしさやら挫折は過去のものになってしまうので、
なんていうのかな、欠落、ではないけど
なんかしら足りなくなるんじゃないかなと。
克服もしなくていいと思います。
さびしさとか悲しみに耐性がつきそうで、
それって正直な感情を押し殺すというか、きもちを放出できなさそうだし。

なんていうのかなー、
いろんなきもちを持ってたほうがきっと豊かな人生送れそうだなと。


ほんとむずかしいな。
なんかどんどん最初の話題からそれている。
いかん。




そういえばわたしがこの記事を書いてるのは
だいたい二日三日かけてなんですけど、
「自分で選んだ道を自分で否定したくない」と書いた次の日くらいに
母から
「あんたの選んだ道なんやからさびしかろうがなんやろうが否定するのはやめなさい。」
と全くおなじようなことを言われて思わずにやにやしました。
親子ってすげー。

長くなったので今日のまとめ。
さびしいけどがんばるので応援よろしくお願いします。


お昼ご飯つくろー。
あと、タイトルは悲しみよこんにちはです。
斉藤さんかわいー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/174-1a152101
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。