-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-30 10:43 | カテゴリ:ちひろ@米イリノイ
~前回までのあらすじ~

3月上旬、約10日間の春休みを一人ド田舎に残って過ごしていた、ちひろ@米イリノイ。
町の外れにあるという湖を訪れるも、道を間違え私有地に迷い込み、不審者扱いされる始末。
迷った末に着いた湖は、想像をはるかに絶する…殺風景な湖であった。

さて、その後は…?

…みなさん、どうもお久しぶりです!

覚えてますか?

青森県出身・ちひろ@米イリノイですよ!!!

気づいたら3ヵ月以上ぶりの更新になってしまいました…(汗)

でも、この3ヵ月間にも、書きたいことがちょこちょこ溜まってました!
(更新サボってたとかそんなんじゃないですから!…と言ったらウソになるかな)

今日から、その溜まりに溜まったネタを  していくつもりなので、
みなさんどうにかこうにかついてきてくださいね!w



①3.11

いきなりこの話題から入るのもあれなんですが…あれは忘れられないですね。
春休みも残り2日…というところで起こった東日本大震災

最初Ya●oo!ニュースで地震のニュースを見たときは、正直“また地震か…”というくらいにしか思っていなかったのですが、その後次々と入るニュースやSNS関連をチェックしてびっくり。
気になってチェックした動画サイトのNHK中継で、濁流に飲まれる街を見たときの衝撃は忘れられません。

翌日の朝になると、旅行中の友人や大学の留学生担当の方から、続々とメールや電話が来てびっくり。
そのあと出会った人たちにも、“あなたの家族や友達は大丈夫なの?”とあいさつ代わりに聞かれました。

幸い、わたしの実家がある地域は被害も小さく、家族も全員無事でした。
それでも不安で、しばらくNHK中継から目が離せない状態でした。

最初は海外にいることが歯がゆくてしょうがなかったです。
自分の家族や友達・被災地の方々がつらい思いをしているときに、自分は余震におびえることもなく、電気も水も不自由なく使えて、食べ物にも困らない生活をしている…。
どうしようもないことだとはわかっていても、なんだか後ろめたい気持ちでした。

そして迎えた春休み明け。
いてもたってもいられない気持ちになったわたしは、Monmouth Collegeでも募金活動ができないか、留学生の友人たちに相談しました。
その結果、International Club(主に留学生が集っている学内の団体)名義で、募金活動をすることになったのです。

それにしても、一度わたしが相談してから、その流れの早かったこと…
International Clubの会長の迅速な仕事とリーダーシップ、そして他の留学生たちの協力のおかげで、募金活動は予想以上にトントン拍子で進みました。
正直、“わたし言いだしっぺなのにこんなに仕事少なくていいのかな…”ってくらい(汗)
そして少額ではありますが、無事アメリカ赤十字社を通じて、集めた義援金を寄付することができました。



この募金活動を通じて改めて実感したのは、“世界中の人々が日本のことを思ってくれている”ということ。
International Clubは留学生の団体ということで、メンバーもカナダ・フランス・ブルガリア・イギリス…などなど、様々な国から集まっています。
そんな様々な国から集まった留学生たちが、自分の国ではない日本のために、勉強の合間をぬって自分の時間を募金活動に割いてくれたこと、募金を集めるためにいろんなアイディアを出してくれたこと…すべてが本当にありがたくて、世界中の人々の温かさを直に感じることができました。

留学生だけでなく、募金をしてくれたアメリカ人学生たちも本当に温かかったです。
学生なのに20ドル札(約1600円)をポーンと出してくれる人も何人かいたのには、本当にびっくり。
(もちろん、募金で一番大切なのは“気持ち”であって、一人が募金した金額の大きさではないのだけど。)



語弊があるかもしれませんが、最終的には、“この時期に留学できてよかった”と思いました。
というのも、今回の募金活動は、日本国外にいたからこそできたんじゃないか?と思うのです。
あの時日本にいたとしても、果たして自分はあんなに積極的になれただろうか?
“どうして日本が大変なときに自分は海外にいるんだろう…”という、あのもどかしい気持ちが原動力となったことは間違いないです。
そして、“今、海外にいる自分でもできることは何だろう?”と、留学記メンバーたちと考え行動できたこと。
日本の状況を海外から客観的に見つめ、“いかに日本が他の国々に支えられているか”を直に感じることができたこと。
わたしの留学生活において、貴重な経験になったと思います。



…ああっ、気づいたら地震の話だけでこんなに長くなってしまった!
小学生の頃、作文を書く度に“もう少しまとめましょう”って言われてたわたしなので、許してくださいw



というわけで…
次回、“春学期後半戦・其の弐”に続く!



↓最後にぽちっとよろしくです♪
こんだけでかいの貼ったんだもの、“バナー見落としてたわw”とは言わせませんよ!w

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/154-96796540
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。