-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-09 06:05 | カテゴリ:Waichi@米ミネソタ
こんにちは。ミネソタ州Winona State UniversityのWaichiです。
今日、僕が書きたいのは
Winona市の姉妹都市、宮城県遠田郡美里町への支援プログラムについて
です。

ここミネソタ州のウィノナ市なんですが、宮城県の美里町という仙台から20キロほど北側にある町と姉妹都市提携を結んでいます。
2007年にウィノナ市が洪水で被害を受けたとき、美里町が姉妹都市として支援をしたり、年に1度お互いの高校生が交換留学をしたりと交流が盛んな関係にあるらしいです。
そこで、ウィノナ市は5月1週目を「Misato Week」として、あらゆるところで募金活動等を行ってきました。
個人でのガレージセールだったり、市役所やウィノナ市にある私立のSt.Mary大学等、市内各所で募金を募っている光景を目にすることができました。

先週木曜日、ウィノナ州立大の日本人学生は、St.Mary大学でのイベントに招待され、日本の文化を紹介したり、美里町をはじめ、宮城や東北地方の被害についての説明会、地元の空手家のデモンストレーション等が行われました。
Misato1
事前にウィノナ市がこのSt.Maryでのイベントを広報していたらしく、このイベントには延べ100人程足を運んでくれていました。
Skypeを通じて美里町役場の方々、ウィノナ市長をはじめとしたの役所や交換留学を経験した生徒のセッションがメインイベントでした。
Misato2
また、このTシャツ・リストバンドが販売されていて、収益は募金として美里町へ行くようです。
僕らは州立大学ということで、学校内の募金活動に関して許可がもらえず、このような広報・啓蒙程度の活動しかできなかったのですが、その間に色々と感じさせられることがありました。

・このミネソタの片田舎の市で、日本のことを考えてくれている人、何か力になろうとしている人が沢山いる。
・「このグローバル化の中、物理的な距離は関係ないんだよ。」と声をかけてくれた人が居る。
・「Where are you from?」という質問に「I'm from Japan」というと、「Are your friends and family okay?」と十中八九訊いてくる。

このイベント以外にも、色々と日本の3.11の災害について話す機会がありました。
その機会を通して疑問を呈しました。

「災害は不可避。だけど、人災は防げる。人の命が失われるのは悲しいこと。防げるはずの人の死を人同士の争いで繰り広げるということについて、考えませんか?」と…。
何が言いたいかというと、ビンラディン殺害、シリアの弾圧をはじめ、最近なんか争いが多い気がするんですよね。
本人たちは正義と称してやっている場合もありますが、何か違うんじゃないそれ?って思います。
僕、Waichiとして一大学生の戯言ですがね…。

あ、あと今セメ終わりました。
留学、早くも半分が終わってしまいました。
これについて書いてしまうと今回はちょっと長くなってしまいそうなんで、また別の機会にUPします。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

では、いつものようにCLICKお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/124-10d699a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。