-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-07 19:44 | カテゴリ:ゆうた@メキシコ
ジャンル:学校・教育 テーマ:海外留学
ヤーマン!
どうもメキシコ留学中のゆうたです。
なかなか更新できてなくてすみません。。。。

えっと、実は4月は春休みでした。

その春休みは僕は2週間ジャマイカに行ってきました。
旅の目的はレゲエが好きということ、ものすごい途上国であることです。
留学記なのに旅行のこと書いて申し訳ないのですが、貴重な経験でしたので書きます。





7日:マイアミからの乗り換え便で乗客全員乗り込んだ時点でジャマイカ人二人が逮捕   理由は不明(笑)。

8日:宿の近くのお土産屋で変なジャマイカ人に遭遇。名前はデメキン(笑)
トレンチタウンのボブマーリーの家とダウンタウン、ゲットーと呼ばれるスラム街を案内されて、4000円ぼったくられた。見事にかもられました。。。

9日:宿で仲良くなったアメリカ在住の男とボブマーリー博物館へ。とりあえず感動。

10日;宿の日本人数人とビーチへ。海が青い!!!これにはまじ感激!さすがカリブ海。

    そして、なんと!!!
    CHEHONに遭遇!!
    写真撮りました!!
    
    この時点でもう八割くらい旅の目的達成です。

11日:この日はなにもしてません。。

12、13日:世界一の夕日といわれるネグリルの夕日を求めて、ぎゅうぎゅう詰めのバスにゆられて片道4時間。 いままで見たこともないくらい美しい夕日を拝めました!!


       
残りの1週間はお金がなくて特に有名な場所には行ってません。



唯一いったのがRae Townという屋外ダンス。
俺が行った数カ月前にガンショット事件がありしばらく休止してたみたいで、タイミングよくて嬉しかった。
よかった。あまり詳しくないけど、雰囲気とかがよかったです。
途中で銃を構えた警察車がきたときに観客みんなで追い出したのが印象的。
警察の目の前で売ってる奴も吸ってる奴もいるし、ほんと無法地帯。
ダンスの途中で女の子(20歳くらい)が寄ってきた。
俺の目の前でとまり、おしりを俺のものにこすりつけてきた。
もちろん服の上からだが、こすりつけること約3分。

ジャマイカ女「ジュース買いたいから金くれ!」

でた!やっぱりこういう結果だった(笑)

もちろん俺は払いたくない。大体あっちがいきなりこすりつけてきたんだし。


俺「いま金ないから無理」

Jamaican「いまいくらならあるの?」

俺「100jドル(100円くらい)」

J「100でいいからちょうだい」


まあ、100円でいい思いができたと思えば得だし払った。

そしてそのあとその女が俺の前に現れることはなかった(笑)
世の中金。ほんとに金がすべてのジャマイカ人。



ジャマイカはまじで危険な国でした。
いつ襲われてもおかしくない。金目のものは持ち歩けません。
タクシーの運転手や道端の一般人は信用できません。

レゲエがやばいです。
どこでもレゲエです。タクシー、バス、ダウンタウン、もちろんダンスもレゲエのみです。これはすごい!



あと一番目立つのは、貧しさです。
ジャマイカ人の平均年収は日本の10分の1です。
宿のガードマンに月収を聞いたら3000円でした、
なのに物価は日本と同じくらいです。
人々は道に生えてるマンゴーを食べて生活しています。
今日バスで話した兄ちゃんは晩飯マンゴーひとつだけと言っていました。
こんな状況でもしっかり強く生きているジャマイカ人を尊敬します。



メキシコでの生活でもジャマイカでも感じていますが、日本は本当に恵まれすぎています。
食べ物も住む場所も教育も、なにもかもメキシコ・ジャマイカよりはるかに恵まれています。
でも貧しいひとこそ些細なことに幸せを感じれてます。貧しい人は貧しいなりに自分で楽しみを見つけることができると思います。貧しさを知らない人はいくら金持ちになっても幸せを感じることは難しいでしょう。

日本のみなさん、途上国にいきましょう。

写真は世界一の夕日ジャマイカ、ネグリルです。

jamaica negril




にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/123-d2197629
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。