-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-05 19:08 | カテゴリ:りょう@ロシア
ジャンル:海外情報 テーマ:留学生活
こんにちは!
ご無沙汰しています。ロシア留学真っ最中のりょうです!

今自分の記事を読み返していて、もう1ヶ月も書いてないと気づき、
この1ヶ月に色々なことがあったなぁなんて思ったもので
ここで紹介しようと思います^^

地震やそれに付随する事件もあり
私たちはなかなか難しい局面に立っていますが、
僕はあえて今回もロシアでの日常を紹介しようと思います。
それがここでの僕に与えられた仕事です。

今回被災された方々には心からお見舞い申し上げます。


ではこちらから続きです!

この前更新したのが3月の第一週なので、ちょうど一ヶ月が経ちました!

その間ネットが繋がらなくなったり
レジのおねえさん&おばさんとバトルしたり
いろんな人との出会いがあったり。

日本が恋しくなったり、
”なにしにここきたんだろ。”
なんて思う日もあったり。

”ロシア語上達してきたぞぉぉ!”
なんてテンション上がる日があれば、
”やっぱり俺なんかまだまだだ・・・”
なんて落ち込む日もあったり。

たった1ヶ月なのに色々なことを経験しました!


やっぱり語学を知らずに来た以上、俺の今の一番の壁は言語です。
ま、お前が自ら望んでここに来たんだろ?って言われればそこまでですが。笑

先月はまだレジの人が言ってることも聞き取れず、
”あと2ルーブル持ってない?”
とか、
”カード持ってる?”
なんて簡単な文章も全く耳に入ってきませんでした。
そうすると、常時笑顔で対応してくれる日本のお姉さんはおばさんとは違い、
彼女たちは平気で嫌な顔をして、かつ、舌打ちなんかしてくるもんです。
俺はそれが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

「なんで俺が舌打ちされてるの?!客なのに!」
なんて日本の感覚をこっちでも通そうとして憤ったたり、
「留学で来てんのに、こんなこともわからない自分…」
なんて自分が嫌になったり。
「すいません、ロシア語まだ全然わからないんです。」
って言うのすら怖くなって。
そんなことしてるうちに、ロシア語はなせる人との交流が怖くなって。
負の連鎖ってやつですね;;

んでも、せっかく来てんのに、このままじゃいけない!
って思ってる自分もやっぱりいて。
自分の中で色々な思いがぶつかり合ってたときもありました。

んでも”俺がロシア語できない”っていうのは、事実なんです。
どんな葛藤があったって、心で何を思っていようと、事実。
だから勉強してる。
こんな簡単なことに気づけただけで、心がスっと軽くなった。

格変化ができなくたって、文章ちゃんと組み立てられなくたって、
今はいい。焦ることない。
今とても上手にロシア語話す留学生だって、
昔は俺みたいに歯がゆい思いをしてきたはず。

これはみんなが通る道なんですね。

考えてみれば、自分が英語を学び始めたときだって
文法も何もわからず、単語も知らず。
発音もカタカナ発音じゃ通じず・・・。
AIU入ってからも自分の英語力が原因で何度嫌になったことか。
んでも、それを乗り越えたから今の自分の英語があるんっすね。

そうは言ってもまだまだ全然話せないし、
知らない単語が飛び交うと、やっぱり恐怖です。
んでも、ここでは留学生同士も共通語はロシア語。
わかんなくたって、使わないとコミュニケーション取れないんです。

ロシア語の一番上のクラスにいる韓国人の友達は
俺のロシア語がボロボロでも、理解しようとしてくれます。
俺が満足に受け答えできなくても、見かけると気さくに話しかけてくれます。
他の友達もそう。

”こんな人になりたいなぁ”

なんて思える人にすでにたくさん出会えました。

留学って知識だけを得るためのものじゃないんだなぁ。
と実感する日々です!


今ではレジでの会話や、ちょっとした日常会話はなんとかこなせるレベルです。
んでも、やっぱり早口でなんか言われたり、ちょっと難しくなると
キョトン。って感じです。笑

そして、やっぱりロシア語は難しいです!
上のほうに格変化のリンクを貼ったので見て頂きたいです。是非!
なんでこんなに複雑にしちゃったかなぁ。
と、ロシア語自体を恨むことも多々。笑


それでは、今年度も頑張っていきましょう!
また更新します!

それでは、пока^^

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/107-8330f332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。