-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-31 18:29 | カテゴリ:しょーた@チェコ
ジャンル:海外情報 テーマ:留学生活
こんにちは、チェコからしょーたです。

長い間更新が止まってしまいすいませんでした。

地震発生から約3週間が経ちました。
この3週間は僕にとって人生で最も長かった3週間のうちの一つかもしれません。

今回は主に地震発生時海外にいた僕の視点から、感じたことを書いてみたいと思います。

まず地震が発生した11日の金曜日、僕はチェコ時間午前10時くらいに起きました。日本時間で言うと18時くらいです。

いつも通りパソコンを立ち上げ、facebookとtwitterをチェックするとみんなが地震が起きたみたいなことを書いているので、yahoo!ニュースを確認すると東北・関東で強い地震があったことがわかりました。

最初は情報が錯綜していて、東北地方のことよりも関東の被害の状況、特に交通網のマヒに関することが大きく報道されていたように思います。
僕の父は単身赴任で東京で働いているので、まずは父のことが心配になりました。地震発生直後に東北地方に住んでいる友人の多くはtwitterやfacebookに地震があったことを書いていたので、彼らは大丈夫なはずだと思い、すぐに母の携帯にメールを送りました。僕の実家は静岡県なので、家は大丈夫だろうとは思っていましたが、なかなかメールが返ってこないので、実家のパソコンにもメールを送り、それでも返ってこないので、北海道に住んでいる兄にもメールを送りました。

1時間後、兄からfacebookにメッセージが届き、家族はみんな無事であること、メールはおそらく機能しないから連絡があったらfacebookを介するようにということでした。メッセージを確認した瞬間、安堵から涙が溢れてきました。

金土日、それぞれ予定が入っていたのですが、ほとんどの予定をキャンセルし、パソコンの前に貼りつく日々でした。
何もできない自分の無力さを感じました。

土曜日の夜、国際教養大学(=AIU)にも電気が戻り、秋田にいる多くの友人がfacebook&twitterに投稿し始めたときにはかなりほっとしました。距離は離れていても、やはり友人の存在をリアルタイムで確認することができるfacebookやtwitter。僕の留学は知らず知らずのうちに多くの友人たちに支えられていたのだと思います。たった2日間、ネット上とはいえ彼らの声を聞かなかっただけなのに、それは僕の心に大きなダメージを与えていたのです。

*******************************************************************************

地震の後、海外メディアが日本人を称賛していると言うニュースをいくつも見ました。
―あんなに大きな災害に見舞われたのに、日本人はすごい―

ここで僕自身が先日あるチェコ人の友人と話をしたときのことを紹介したいと思います。

そのチェコ人は、以前日本に留学していて、日本語が堪能で、もう本当に日本LOVE!という感じの本当に良い友達なのですが、彼は日本のことを心配してくれたあとに、こんな話をしてくれました。

もしもチェコで災害が起きたら、絶対に暴動や略奪が起きる。チェコ人は最低だ。その点日本人はすごい。とても我慢強いし、皆で助け合って生きている。ガソリンを入れるために何時間も我慢する。僕の母も言っていた。日本人は本当にすごい。

これを聞いたときは素直に嬉しかったです。最近なんだか政情不安だ不況だなんだとネガティブなことばかりで、日本はこの先大丈夫なのかな・・・と個人的には思ったりもしていたのですが、忘れかけていた日本人としての誇りを取り戻した気がしました。

**************************************************************************

「学び・働き・返す」
これは地震発生の翌週の水曜日頃にtwitterを見ていて目に着いた言葉です。

今の僕にできること。日本にいる友人は直接色々な形のボランティアに参加して被災地を支援しようと活動しています。
その点留学で海外にいる僕は、募金活動などはできるけど、直接的なことはできない。
でも日本よりは”安全”で勉強に集中できる環境にいる。
だからこそ、今は精いっぱい勉強に集中しようと思いました。
特にチェコ語。将来何の役に立つかはわかりませんが、とっている授業が3科目しかなく、一番成果が目に見えやすいのでこの1年間でチェコ語はできるところまで身につけて帰りたいと思います。

**************************************************************************

募金活動について

海外にはたくさんの日本人留学生がいて、地震発生直後から、募金活動などをして日本に貢献しようという機運がとても高いです。
facebook上に情報交換のためのグループがあり、日本のメディアに大々的に取り上げられることはありませんが、多くの国で募金活動が行われています。
僕のいるチェコ・ブルノでも募金活動をしていこうという話になっていますが、現在募金先と連絡を取ろうとしている段階で、実行には移せていません。
あせっても仕方がないですし、競争することでもないので、準備がしっかり整い次第活動していく予定です。

*************************************************************************

幸せを手に入れるんじゃない。幸せを感じることができる心を手に入れるんだ。

日本のロックミュージシャン、甲本ヒロトさんの言葉です。
今まであって当然だと考えていたもの。
友人、家族、ネット、電気・水・食糧―。
今回の地震で色々と大切なことに気づかされました。

いただきますとごちそうさま。
勉強に集中できる環境。
支えてくれる友人。
僕は本当に恵まれています。

感謝の心。
こうやって書き表すとなんだか薄っぺらくなってしまうような気もします。

それでも僕は僕の周りにあるすべての人、物、環境に「ありがとう」を言いたいです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://aiublog2011.blog136.fc2.com/tb.php/105-d852b702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。